交通事故の後遺症

交通事故・怪我などの外傷での後遺症や痛みでお悩みの方へ

○交通事故で車にぶつけられ怪我をしたが痛みがなかなか引かない。
○事故後病院に行ったが検査結果は異常がなく投薬のみで経過観察と言われたが痛みが続く。
○病院でのリハビリを受けているが、なかなかスッキリと改善しない。
○通院している病院にリハビリ施設が無く、一ヶ月たってもまだ首・腰が痛くて不安・・・。
○骨折・脱臼・肉離れなどの外傷の予後が悪く、痛みが残ったり運動制限がある。

上記のような症状でお悩みの方も当院には多数来院されます。
交通事故での怪我で多く後遺症の残るものとして、むち打ち症(外傷性頚部症候群)があります。よくむち打ち症になる事故のケースは、車で停車中に後方から追突されるケースです。事故直後はたいしたことはなくても、数日~数ヶ月たってから症状が出現する場合があります。人身事故の場合(人対車)でも骨折・打撲・捻挫だけでなく、同時にむち打ち症を引き起こしている場合も多く見られます。

後になって痛み出す原因は、事故の際痛めた頚椎の関節を支える筋肉や靭帯が頭部の重みにしだいに耐えられなくなり支持力を失います。その結果椎間関節が狭くなり自律神経を刺激していわゆる 不定愁訴を引き起こすのです。

また、事故や外傷の痛みを残したまま放置するのは大変危険です。
女性の場合はこういった衝撃を受けたことで頚椎や腰椎、そして仙腸関節(骨盤)の歪みが婦人科疾患を引き起こす原因となるからです。実際、当院でも婦人科疾患をかかえて来院される方の大半に頚椎や仙腸関節の歪みが見られ、問診の際に以前に交通事故や階段から落ちて腰を強打したりといった古い外傷の履歴があることがわかります。

むち打ち・頚椎捻挫・腰椎捻挫・打撲などと診断されて、回復が思わしくない場合は早めに鍼灸治療を受けて頂くと回復も早まり、後遺症も残りづらいことが多いのです。
実際には事故後に鍼灸治療を始めるのは早ければ、早いほど良いです。

過去にこのような事故や外傷の経験に心当たりあり、現在からだの不調を感じる方はどうぞお早めにご相談下さい。


Copyright © 2017 Mizuki Shinkyuin All Rights Reserved.