マタニティ鍼灸・産後ケア鍼灸

マタニティ鍼灸(妊娠期間中のマイナートラブル解消と安産のために)

・鍼灸治療の安全性

妊娠中や授乳中は、お腹の中の胎児や母乳を飲んでいる赤ちゃんへの薬の副作用を気に掛ける方は多いと思います。

鍼灸治療は、薬剤と違い副作用がないため妊産婦の方に大変やさしく安全な治療です。

辛い症状があるときにこそ、妊産婦さんには鍼灸治療を上手に活用して頂きたいと思っております。

浮腫みやつわり、腰痛・肩こり・お腹の張りなどは妊娠初期から調整していくと穏やかなマタニティライフを送れます。

●妊娠中のお腹の張り

【水月鍼灸院】妊娠中のお腹の張り

妊婦さんの「お腹の張り」を緩めるのは鍼灸治療の中でも当院が実践している「積聚治療」は大変効果が高いと自信を持って施術しております。

治療後は腹部が柔らかく緩むため、患者さんが自分のお腹に触れるとみなさんがその変化に驚きます。妊娠中はそれ以前と体の動きが変ってしまうので体全体が緊張状態にあり、お腹が硬くなる方が多いのです。

このお腹の張りは、実は妊婦さん自身には自覚が無いということも良くあります。治療後にお腹が緩むことで体がとても動かしやすくなります。

妊娠中に鍼灸治療を受けて腹部をやわらかく保つことは、お腹にいる胎児の環境が整い、のびのび動けるので逆子になりずらいなどの良い影響がたくさんあります。

つまり母体に鍼灸治療をするという事は、お腹の中の赤ちゃんに鍼灸治療をするのと同じような良い影響があるということです。

妊娠中は、毎日すこしづつ変化していくので鍼灸治療で身体のバランスを整えることで安産となりやすい身体作りをお手伝いいたします。

●働く妊婦さんにも

水月鍼灸院 働く妊婦さんへ

最近は妊娠中も仕事を継続する妊婦さんが増え「張り止めの薬」を服用しながら頑張る方が多くみられますが、何を優先するべきか体調を見極めることも大切です。

妊娠はもちろん病気ではありませんが、新しい生命をお腹の中で育てていくというのは体には大きな負担になることがあります。

お仕事を継続している妊婦さんにお腹の張りが強い方が多いのは、その表れだと考えています。働く妊婦さんには鍼灸治療を継続的に受けることで体を調整していただくと疲れが解消されやすいようです。

●妊娠中の頭痛・肩こり・腰痛

水月鍼灸院 働く妊婦さんへ

来院する患者さんのお話を聞くと、妊娠中はうつ伏せの姿勢が取れないためマッサージや指圧も選択肢から外れてしまい、どこで辛い症状を緩和したら良いのか困っている方が大変多いということに驚きます。

当院の鍼灸治療ではうつ伏せが心配な方は
横向きの楽な姿勢で治療を受けて頂けるの安心です。

妊娠後期に出る腰痛なども是非ご相談ください。

●安産のお灸

最近は安産のお灸を希望して来院される方も大変増えました。
基本的には足の「三陰交」というツボにお灸をします。
三陰交へのお灸は妊娠5ヶ月を過ぎてから行います。
(鍼灸治療は妊娠週数に関係なく受けられます)

妊婦さんの体調は、週数が進むに連れてどんどん変化して行く為に自宅でのお灸が適切ではない場合もあります。そのため、自宅での安産のお灸を希望の方には必ず通院していただく鍼灸治療と併用して頂いております。

逆子の治療

赤ちゃんは頭から生まれてくるのが正常で、つまりお腹の中で頭が上の方に位置してしまうのが逆子です。

陰陽でいうとお母さんの体は上半身が陽で、下半身が陰です。
ちょうど胎児はプラスとマイナスが引き合うようにお母さんの下半身(陰)と胎児の頭(陽)、お母さんの上半身(陽)と胎児の下半身(陰)という位置でお腹の中にいる事になるのです。

この陰陽のバランスが崩れて起こるのが逆子です。
東洋医学では逆子もこのように陰陽の関係で
説明がつきます。

お母さんの身体のバランスが整うように
鍼灸治療をして赤ちゃんがお腹の中でのびのび育つように
してあげましょう。

28週から32週目くらいまでが一番動きやすいのですが
早ければ早いほど良いです。お腹の赤ちゃんは
日々大きくなっていきますから母体のお腹の中で
動くスペースがなくなってきてしまうと
やはり戻りにくくなってしまいます。
(32週以降でもどうぞご相談ください)

最近は、臍の緒が首や足に巻きついてしまい動きが取れなくなくってしまう逆子のケースも多々あります。やはり体が冷えてる妊婦さんが多いのだと思います。妊娠されたら初期のうちから安産の鍼灸治療を受けて冷えない妊娠期間を過ごしていただきたいです。

【水月鍼灸院】逆子治療のためのお灸

逆子治療には鍼とお灸がとても効果的です。

逆子の状態が続くようでしたら諦めずに、そしてできるだけ早めに鍼灸治療をお試し下さい。

産後ケア鍼灸

●産後のお体を整える治療

産後の鍼灸治療は、出産で開いた骨盤のバランスを整えるとともに
出産で消耗した体力の回復を手助けします。

出産後は、陽的な胎児がお腹にいなくなったので
一時的には、お母さんの陰陽のバランスは大きく崩れます。

しかし、休む間もなく授乳が始まるので産後の女性の身体には本当に
たくさんの負担がかかり、陰陽のバランスを取り戻すのも大変です。

産後の鍼灸治療は、できるだけ早い時期からはじめると
子宮の状態を良好に保てます。

具体的には、産後の子宮内の不要なものを出す力が強めたり、
子宮の収縮を早めたりする効果があります。

また、産後に急に腰痛の悪化や抱っこを頻繁にする為
手首に痛みが出たなどで来院される方も多いです。

帝王切開の傷が原因になって体の不調・痛み・動きにくさが
出る場合も良くあります。

手術後の体の回復を早めるためにも鍼灸治療は有効です。

授乳中はまだ鎮痛剤などの薬を使いたくないものです。
鍼灸治療を上手に取り入れて笑顔で育児をして頂けたらと思います。

小児鍼

小児鍼は乳児からが対象になります。

最近は赤ちゃんでも手足が冷えている子供がいます。

当院に来院されるのは疳の虫が強い・アトピー性皮膚炎
便秘の赤ちゃんも多いです。

小・中学生は「おねしょ(夜尿症)」での来院も多いです。

小さいうちから鍼灸治療で気のめぐり良くすることで
病気になりづらい元気な子供に成長します。

冷え性だけではなく夜泣き・疳の虫が強いなども
まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんの信号であることが
多いのでそのままにせず早めにケアすることが大事です。

疳の強いお子さんは少しあごを引いて上目遣いになったり
少しきつい表情になるお子さんが多いです。

特徴は、眉間にうっすらと青く血管が浮いている場合が多いです。

治療をしていくとだんだんときつい表情が
減っていきニコニコ顔になっていきます。

お母さんとお子さんのスキンシップが足りない場合も
多いのでスキンタッチや小児に用いるローラー鍼の使用方法
日常の生活(特に食生活)についてもアドバイスいたします。

不妊治療

「体を温めて妊娠力を高める」

水月鍼灸院には赤ちゃんを望んで、冷えを改善したい
婦人科の不調を整えたいという方がたくさん来院しています。

施術者は、日本不妊カウンセリング学会など
定期的に東京での学会・講習会で婦人科領域全般および
最新の体外受精に関しての勉強を積極的に行っております。
不妊クリニックに通院中の方も安心して治療を受けて頂けます。

現代医学の正しい知識を持った上で、当院では不妊の治療を
東洋医学的な観点から行っています。

妊娠しにくい体の状態にはかならず「冷え」が存在しています。

鍼灸治療や日常生活・食生活の改善でまずは冷えない体作り
そして温まりやすい体作りを目指します。

簡単にいうと10ヶ月お腹の中で育つ赤ちゃんが
「お母さんのお腹の中って暖かくて気持ちいいな~」と
思ってもらえる体に変えていくのです。

冷えを改善して「妊娠力」をつけましょう。

ブログにも「妊娠力」をテーマにいくつか書いていますので
こちらも参考にお読み下さい。「妊娠力」のカテゴリーからお入り下さい。
>>院長ブログについて

Copyright © 2017 Mizuki Shinkyuin All Rights Reserved.