治療の流れ

①問診

問診

初めての方には、まず既往歴や生活習慣・食べ物の好みなどについて問診させていただき、患者さんお一人お一人の気になる症状についてお話を伺います。

問診は大変重要で、ここには患者さんの治療計画を立てる上で
大切になるヒントが沢山ある事が多いのです。

患者さんの体調が崩れた原因は、その方の生活習慣に起因する事がほとんどだからです。

ここで患者さんと一緒に原因を探るのが症状を根治するのに大変役立ちます。

好きな食べ物の傾向、日常の運動の有無、また手術痕なども重要視するため今までに患った病気・事故などについてもお聞きします。

お話を伺ったところでお着替えをしていただきます。
(ハーフパンツの着替えをご用意しています)

②ベッドに仰向けで治療開始

症状の確認

動かしにくかったり、痛みの出る動作・姿勢、あるいは安静にしていても気になる症状などを確認します。

ベッドに仰向けで治療開始

触診して痛みが出る場所「指標」を確認します。
この「指標」ができるだけ「変化」するように治療を進めます。

腹部接触鍼

そして、腹部接触鍼を行います。
接触鍼とは鍼の先を肌に触れさせるだけの施術です。

東洋医学的な脈診を行い脈の調整をし、腹部の積(コリ)を確認します。

③うつ伏せ(背部治療)

まず背部接触鍼を行い、背部の「指標」を確認します。

背中の治療

背部のツボに刺鍼して治療を進めます。
背部でも、「指標」の変化が重要になります。

また、例えば「肩を動かすと痛い」のであれば、動かしてもらいながら動作痛の好転変化や可動域の広がりなどを診て治療します。

必要に応じて「お灸」の施術もします。

積聚治療は一箇所に刺鍼しても全身に影響を与えると考えるので、一鍼ごとに体への影響や変化を確認することが重要です。

体の動き・指標の好転変化・主訴の改善変化をもって背部治療を終えます。

④仰向けで確認

画像の説明

もう一度仰向けの姿勢でお腹の積(コリ)が緩和・消失してるかを確認します。

また痛かった部位、例えば膝・股関節・腰
上半身であれば頭痛・頚の緊張・肩関節の動き、
内臓であれば「胃のむかつき」などが
緩和あるいは消失してるかなどを確認します。

残る場合はその患者さんの体・体力・病の深さに合わせて補助治療(お灸など)をします。

この時点で全ての痛み・可動制限を取り去ることが、必ずしも良いわけではなく治療後の反動も考えて治療します

治療を受ける方の身体の状態で治療時間・治療期間が変わりますが、

体の変化を必ず実感していただく治療をしております。
具体的には痛みが消えたり、体の動きがスムーズで楽になるなどです。

最後に今後の治療計画をお話して、次回の来院予定をご相談いたします。

Copyright © 2017 Mizuki Shinkyuin All Rights Reserved.